副院長紹介

患者の気持ち

携帯サイトQRコード

副院長紹介

挨拶

2019年4月より副院長として脳神経内科診療を担当させていただくこととなりました。これまで脳神経内科医として大学付属病院、市中病院において研究及び臨床活動に従事してまいりました。高齢化社会を迎えて脳神経内科が担当する患者さんはますます多くなってくることが予想され、脳梗塞、もの忘れ、パーキンソン病などの脳神経内科の病気の専門的診療に努めたいと考えております。頭痛やふるえ、めまい、しびれといった症状から内科疾患(高血圧、高脂血症、糖尿病)にも対処いたしますので、お気軽にご相談ください。

副院長 久保寺 隆行

資格

略歴

脳神経内科とは

脳神経内科では、脳、脊髄、末梢神経、筋肉などで起きた疾患を内科的に診断・治療いたします。神経というのは全身に張り巡らされているので、その不調を診断することから、当診療科では全身を診ることになります。その結果、手術が必要と判断した場合は脳神経外科へ、しびれや麻痺の原因が運動器(骨や関節など)であった場合は、整形外科にというような振り分けも行います。また、脳神経内科は心療内科や精神科と混同される場合も多いのですが、心の病気を診る診療科ではなく、脳や神経に問題があって症状が現れる病気を診る診療科です。
症状などから脳に異常があると医師が判断した場合、当院に完備している脳の断層撮影を行う頭部MRIを用いて、脳そのものや頸椎などの状態を見ます。そこで、症状と照らし合わせて脳梗塞、頸椎症、あるいは、パーキンソン病やアルツハイマー病であるかなどを診断します。

脳神経内科が対象とする主な症状

脳神経内科では、下記のような症状を訴える患者様に対して主に診断を行い、十分な診察と検査を重ね、原因疾患を特定していきます。


  • うまく力が入らない(脱力)
  • 手足や体が勝手に動いてしまう(不随意運動)
  • もの忘れ
  • しびれ
  • めまい
  • ふるえ
  • 歩きにくい
  • ふらつく
  • むせる
  • 習慣的な頭痛
  • ものが二重に見える(複視)
  • 言葉が話しにくい

脳神経内科で扱う主な疾患

取り扱う疾患が多岐にわたるのも脳神経内科の特徴でもあります。そのため、特別な治療を要しないものから、救急治療を要する疾患、特殊な免疫治療が必要となる疾患、厚労省により「特定疾患」(神経難病)の指定を受けた疾患などまで様々です。


頭痛(片頭痛、緊張型頭痛)、てんかん、脳卒中(脳梗塞、脳出血、一過性脳虚血発作)、認知症(アルツハイマー病、レビー小体型認知症、血管性認知症)、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、重症筋無力症、末梢神経障害など

医院概要

西原クリニック

診療科目
内科・脳神経外科
所在地
〒 123-0851
東京都足立区梅田5丁目-25-33
最寄駅
日比谷線直通 東武スカイツリーライン
梅島駅より徒歩4分
電話番号
03-5888-5288

診療時間表

  日・祝
9:00~12:30 - -
15:00~18:30 - -

=13:30~16:00